iPhone 8G 実質 – 24,000円

期間限定のiPhone for everyoneキャンペーンが行われてますね。

iPhone 8Gの場合、頭金0円で月々支払い1,280円 * 24回のところ、月々割りで月額利用料から1,280円を2年間割り引くということで実質0円が歌われています。

Wzero3 Ad es のあまりのどSっぷりに疲れ切っていたDr. Brownは、これを見て既に購入を決意していました。

が、ネットの先達たちの話を見てみると、どうも実質0円はぜんぜん安くないご様子。

スパボ一括を使って1,280 * 24 = 30720円以下で購入して、毎月の割引をもらい続けるというのが正しい作法の模様。

というわけで調査した結果、ドンキホーテが安いということが判明。

他社からのMNPで新規契約の場合、一括購入金額が10000円を切るそうな。

そこで問題なのは、WillcomではMNPはできないということです。。。

MNPじゃない新規だと約25000円、、、うまみが少なすぎる!!

そこで取り出したのは、昔の妻のauの端末。

これをもって持ち込み新規で契約して、即MNPすればよいではないか。むふふ。

でもそんなこと可能ならみんなやりそうだし、なんか制約(契約後○ヶ月はMNPできないとか)があるんじゃないかと思って調べたんですが、どうやらそんな制約はなさそう。

よく考えると、MNPされる側(転出側)はきっちり新規契約手数料とMNP手数料を取れる上、機種持込だったら失うものもないので制限する必要もないのかも、という結論に。

(普通に端末購入で新規契約だとすぐ逃げられると損失が出るだろうけど)

というわけで勇気をもって会社の昼休みにauショップへGo。

持ち込み新規で契約!!

一応ここでジャブを打って確認もしておきました。

Dr. Brown:「一時的な連絡用として契約するんですけど、誰でも割とかつけなければいつ解約しても問題はないんですよね?」

店員のお姉さん:「そうですね、基本料は高くなりますけど、年割り/誰でも割をつけなければ問題ないですよ。基本料高いけどいいですか?」

Dr. Brown:「それはしょうがないですもんね。(心の声:一日分しか払わないので問題ないですよーん)」

これでネットでよく見かける解約トラブルの予防線は張れた。

小さくガッツポーズ。

(ここでついでにYu線番号サービスを使ってお好みの番号にしてもらいました。有料だけど割りといい番号をGET。ラッキー☆)

そしてあくる日。ドンキホーテにて。

MNP予約番号を取得&新規契約!

無事成功!!

MNPセンターとのやり取りでなんか言われるかと思ったけど、「わずか一日とのことですが」と一言ちくりといやみが含まれるだけでした(^-^;

これにて我が家についにiPhoneが!

実質金額は、、、

購入額: 8,800円

au諸費用: 2,875円(au 新規契約手数料)+2,100円(MNP転出手数料)+約300円(日割り基本料)

ソフトバンク諸費用: 2,875円(新規契約手数料)

ソフトバンク割引: - 5,000円(MNPプログラムの商品券) – 5,000円(ただともプログラム) – 30,720円(月々割り)

ということで、実質 – 約24,000円にてiPhone 3Gを、しかもナイスな番号にてGETできました☆

あぁすばらしい。

au契約は持っていませんでしたが、そういう方でも上記の赤字の追加費用と、使ってない端末があれば同等プライスを実現できると思います。

auさんにも別に損をさせてないっていうか手数料をお支払い申し上げてますので、心を痛める必要はないかと?

お役に立てば幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中