Patch to make bridge I/F work with atheros card

Patch to make bridge I/F work with atheros card.
I’ll probably apply this patch since I need to modify madwifi code anyway. Good tips.

clipped from ubuntuforums.org

First Cup of Ubuntu

 
Join Date: Oct 2006

Beans: 1

Re: Vmware Edgy Madwifi Ath0 Networking Virtual Machine

This behavior is due to the fact that the madwifi drivers are not 100% compatible with the ethernet standard, and the vmware code checks the interface characteristics before allowing itself to bring up the bridge.
Bridged wireless: can’t bridge with ath0, bad header length 88 …

Remove (or comment out) the following code from the file:

#ifdef USE_HEADERLEN_RESV
dev->hard_header_len += sizeof(struct ieee80211_qosframe) +
sizeof(struct llc) +
IEEE80211_ADDR_LEN +
IEEE80211_WEP_IVLEN +
IEEE80211_WEP_KIDLEN;
#ifdef ATH_SUPERG_FF
dev->hard_header_len += ATH_FF_MAX_HDR;
#endif
#endif

  powered by clipmarks blog it

Patch to make bridge I/F work with atheros card」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中